原付や原付バイクのことを詳しく楽しく掲載しています^^

インフォメーション

このサイトでは、原付バイクのあらゆる情報を発信していきたいと思います。

原付バイクの探し方や見方など初心者にも分かるように基礎的なことから説明していきます。原付や原付バイクは簡単に手軽に乗れる原動機付の二輪車です。

小回りも利きますし、燃費も良くコンパクトな為に保管場所にも困りません。

税金も年に1000円と安いですしメリットは多いのです。

原付のデメリットで言えば何といっても30km制限です。

原付バイクの機能的には50km走行いやいや(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))いいえ

もっとそれ以上に早く走ることが可能なのですが、このお手軽なのも自転車という扱いだからなのですが

自転車扱いなので公道では30km制限なのです。

車と同じように走れるのですがそうするとよく捕まります。スピード違反ですね。

原動付自転車としての歴史

原付バイクは1945年ごろに発売されたのですが小型のツーサイクルエンジンを

現代でいうチャリンコに引っ付けた感じの乗り物でした。30年後の70年代には

原付のスクーターの原型であるラッタッタが発売されました。

その後は技術的にも大発展をとげていき今や生活の足やお仕事、趣味にも欠かすことのできない存在です。

近年、完全な電動バイクの原付が発売され出しました。

これは原付にとっては転換期になると思われます。エコであり、騒音も無い乗り物ですので

今まで原付に興味の無かった人達が乗り出しますし、使われ方が違ってくるからです。

原付の修理/整備

原付もやはり機械ですのでずっと止めているよりは可動させているほうが案外、調子は良いのです。

その調子を保ったり長く良い状態で乗るには修理や整備が必要です。

原付バイクの基本的な整備から趣味などで原付を楽しんでいる人はカスタムの領域までいきます。

原付バイクのパーツは色んな社外のメーカーから発売されています。実用的なサイドスタンドや

駆動系やエンジンをボアアップするパーツなど様々です。

原付バイクの保険

原付バイクの保険は大きく分けて2種類あります。

自賠責保険(強制保険)と任意保険です。自賠責保険は国が発行するもので12ヶ月から60ヶ月の期間を自由に選べます。

国が発行していますので万が一事故があった場合の対人にたいする保証が付いています。

任意保険は民間の保険会社がそれぞれ発行していて色んなタイプの保証が付くのと保険料も様々です。

特にお薦めなのは家族の方が車の任意保険に入っているのであれば特約で原付も任意保険にはいれます。

原付の免許

原付バイクの免許は16歳で取れますし、普通自動車にも付いています。

技能試験は無く45問正解すれば取得できます。

 

 

 

 

 

お気に入り

原付バイク 中古バイク バイク買取 原付バイク 原付バイク 原付バイクバイク保険 原付 買取

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0